時間(とき)の流れ


SN3G0333.jpg

実は今、実家のお風呂場を改修工事しているところでして、分かりづらいかわかりませんが、添付の写真は五衛門風呂の炊き口です。
ここを建てたのは、今からほぼ30年ほど前で、うちの実家は継ぎ足し継ぎ足し建てましている中の、お風呂場は比較的新しい方です。
なので一番古い部分はもう50年近く経ってる事になります。(ほぼ私と同い年)
そりゃガタもきますよね。
実は、私の祖父の弟に二人ほど大工さんがいまして(二人共既に亡くなりましたか)、内の一人が実家の建築を全て仕切っていました。
私は、まだ小学生だったのですが昨日の事の様に思い出されます。
ただ、こうして時代の流れに伴い、改修せざるを得ない状況を目の当たりにすると、時の流れを実感させられます。
良かったのか、悪かったのか子供の頃おぼろげながらに建物を建てる仕事に就きたい!と思っていたのが、現実になってる今、実家に帰る度、少々不思議な感覚に陥っております。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

文字サイズ: [標準] [中] [大]

QRコード

QRcode:1023